So-net無料ブログ作成

バラード第1番ト短調! [на лёд]

もうみなさんご存知来季のSPプログラムが続々発表されて、中でも注目の羽生結弦選手はまさかの!ショパンのバラード第1番3回目!世間では「ハッ!? またぁ[がく~(落胆した顔)]?」とゆー反応もあったみたいけど、私はそんなに羽生選手大好きとゆーワケではないながらバラ1のプログラムは大好きだったので、一報聞いてすぐ大喜びしたもんだった。



2季連続持ち越しはよくあるコトだけど、3回目てゆーのはかなり例外的。よっぽど好きで自信のある曲なんだろね。短調の部分だけで編曲されてるのもすごく合ってるし、ソチ前の荒川さんとの対談番組で「ピアノよりバイオリンの方が似合う」とか「名前にも弦て入ってるし」て話をしてたけど、今となっては羽生結弦=ピアノ曲くらいのイメージぢゃない?昨シーズンのホプレガもそうだし。ピアノの方が似合う。

では、おさらいしてみましょう。

バラ1!

まだ衣装もシンプル。

バラ1リターンズ!

突然険悪な雰囲気になる解説のお二人が面白いので字幕付きでお楽しみ下さい。世界歴代最高得点!

それでもまだ余力があって満足してないとはね!

そして新生バラ1ファイナルー!

何故演技前からこんなに汗ダクなのか…それは常に全力だからw

ジャンプの構成も振り付けもぐんと難度を上げてまだまだ完成度高めてくと思うし、衣装がどーなるかも楽しみ!3A前後どんだけ片足なのwww コンビネーションジャンプのあと、ぐぁーて前まで来たあと、そのまま後向きでどんどん下がってく激しいステップの部分大好き。

もうここまで行ったら、何故か音楽が機材の不具合で急に途中で止まっちゃったりしても滑り続けて、音楽鳴ってないのにちゃんと聴こえる気がする…!てゆー「アラベスク」のラ・シルフィードみたいな境地にまで達して欲しい!し、多分絶対そこまで辿り着くだろうコトが今から楽しみ…!目の下のクマがとても心配。

アラベスク (4) (白泉社文庫)

アラベスク (4) (白泉社文庫)

  • 作者: 山岸 凉子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1994/12
  • メディア: 文庫




FaOI3日めノーミスバージョン!

あと演奏者によっても曲の印象全然違うと思うけど、羽生選手の曲はショパンと同じポーランド出身のピアニストの作品。(てゆーのはShazamで検索。便利な世の中。)

Ballades / Barcarolle / Fantasie

Ballades / Barcarolle / Fantasie

  • アーティスト: Fryderyk Franciszek Chopin,Krystian Zimerman
  • 出版社/メーカー: Deutsche Grammophon
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD


この重厚で流麗でドラマチックな弾き方は羽生選手にピッタリと思う。ジェフリー・バトルすげー。ツィメルマンさんは東京にも家あって東日本大震災の時は日本に滞在してたんだって(Wikipedia情報)。それも関係あんのかな?

あとはFSプログラムの発表を待つばかりー。どんなんかなーワックワク!まさかのロミジュリ3とかないよね?www

ロミジュリはディカプリオバージョンの方が好きです。


2017-06-03 12:21  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

うつろいの標本箱 [movies★a go-go!]

弟スクリーンデビューの映画が地元の映画館・進富座で公開されたよー!

ミニシアター系の私が好みがちな映画を見られるのは、三重ではココだけ!てゆーよーな今年開館90周年てゆーよーな由緒ある映画館で、その昔、浪人生の弟を無理やり引き連れてフランソワ・オゾン監督の「8人の女たち」を見た同じスクリーンでなぜか弟の演技を見る運びと相成りまして。

友だちや書道教室の先生が宣伝して下さいまして、私1人で20枚近く前売券売りましたわー!共演者で同じく伊勢出身の岡明子さんが中日新聞の記事に載ってらしたのですでにご存知の方も多かった。

私はもう普段から弟のショボい演技を見てんので、映画一体どんな面して出てんだよ、と気が気でなく宣伝していいものか…と微妙な気持ちでいたので直前になって2回も前売券買いに走るハメになり、館長さんにも覚えて頂いてしまったコトよ…。
image-20170316113600.png

image-20170316113544.png

↓こちら、あまりの盛況ぶりにもかかわらず、パンフレットがないので即席手作りで用意して頂いてたリーフレット。
image-20170316113620.png
経歴のザックリ感たるや…。も少し詳しく説明すると、早稲田の劇研出身で今現在はKPR/開幕ペナントレースとゆー演劇ユニットに参加中。以後お見知りおきを…。

群像劇なんけど、すべてのキャラクターに監督さんの愛情が感じられて人生って誰もが主人公だよね!て思える、その後のみんなの人生ずっと見ていたい気になる映画でした。よくこんないい映画に出してもらえたなー。1回目見て大好きになり、そのまま引き続き2回目見て、さらに大阪の第七藝術劇場にも見に行っちゃいました。3回目。弟出てなくてもそんくらい好きな映画です。DVD出たら絶対買っちゃうのになー。

■うつろいの標本箱
http://hyohonbako.com/

ネタバレ注意!


2017-06-03 12:17  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]