So-net無料ブログ作成
matinee+soiree ブログトップ
前の10件 | -

おとこたち@三重県文化会館小ホール [matinee+soiree]

何と!!!
ハイバイ3年ぶり!?
毎年見てるつもりでいたのに、前回の「」をあまりの面白さに2回見たせいかスッカリ満足してたのか。

とゆー私だけ久々ハイバイ。「おとこたち」。


人生は短い…。(>_<)
image-20160424221330.png
あっとゆーま…。それにどんだけ仲良しの友だちでも実際んトコは見えてなかったり。順風満帆とか正しい道って一体どこにあるのか?どの人生がいちばんマシなのかな?

ネタバレ注意!


2016-04-25 12:34  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

第8回永楽館歌舞伎@出石/永楽館 [matinee+soiree]

つーいに永楽館歌舞伎デビュー!
もう8年めなのか!! こけら落しから行ってみたいと思いつつ、交通不便すぎて遠いし…連休ないから日帰りはしんどいだろ…と二の足踏んでなかなか行けなかったんけど、今年は飛び石なのでがんばれば行けるかも!? と思い即完売のプラチナチケットGET!

しかーし…何か行き方失敗したかも?
前日仕事終わってから京都に泊まって、京都から特急きのさき1号で行ったんけど、コレが何かしんどかったー…。あとで聞いたら飛行機でも行けるとか?次回要考察。

2時間半かけてグッタリ豊岡駅に着いたのが10時すぎ!
バスもあるんだろけど、めんどくさくてタクシーに乗りました。コレが正解!
「永楽館まで。」「永楽館ね!」地元の方にはツーカー。
しばらく乗ってたら、運転手さんが突然「2つ前のワゴンに愛之助乗ってますよ。」て!え!「うちのバス出してるからね。(ちょっと自慢げw)城崎温泉から毎朝この時間に通ってるんですよ。」て!バラしていいの?www

マジかー!? 役者さんと一緒に劇場入り。そしたらホントにそのワゴン車楽屋口に停まったんけど、うちらの運転手さんは律儀に来場者用入り口に回って停めてくれたので反対側!ぎゃーと思って反対方向に走ってったら、愛之助さんちょうど小屋の中に入ってくトコでした。地元の奥様方数人入り待ちしてて、上村吉弥さんサイン、写真、握手までしてくれてた!

昔は松竹座の辺りウロウロしてたら普ッ通に愛之助さん歩いててサインもらったり写真撮ったり余裕だったけどね。今はなかなか無理。あんな有名人になっちゃうとは8年前はみんな思ってなかっただろなー。

まぁともかくコレが永楽館です。ぢゃーん!
image-20151106150241.png
ぢゃぢゃーーーん!!
image-20151106150247.png

そしてウワサの…
image-20151106150253.png
紀香さんから胡蝶蘭…。

image-20151106150300.png
こんぴらの金丸座よりちっちゃいね!花道も舞台も低いし客席と変わらない一体感!さらに一体感を煽る両花道とかの演出!(花道側ぢゃなくロビーから反対側の通路通って役者さん登場とかね。)今回は1階の後ろの方のベンチ席だったのでゆったり見れた。升席しんどいだろなーと思うけど、着物の人もいっぱいいた。

ネタバレ注意!


2015-11-09 12:27  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

National Theatre Live2015 『欲望という名の電車』 [matinee+soiree]

ライジングサンの興奮冷めやらぬ翌日は羽田に飛んで、シネ・リーブル池袋で『スカイライト』に続き、NTL『欲望という名の電車』を見たよー!
image-20150820234528.png
ブロードウェイでも上演決定したってねー!

3時間22分!長ッ!と思ってたけどコレまたあっとゆーまだった。題名しか聞いたコトなくて、あらすじも知らなかったんけど、ホントに「欲望」てゆー名前の電車に乗ってやって来るのブランチ・デュボアが!

しかし、楽しい気分で北海道帰りの身には、しんどい内容だった。とりあえず出てくる女の人全員煩い。そしてたわいない意味のない上っ面なオシャベリオンパレード!ぎょえー。聞いてるだけで疲れるー!
image-20150820234546.png
ジリアン・アンダーソンて、私はXファイルは見たコトなくてステラ・ギブソンのイメエヂしかないんけど、主役なのに全く感情移入出来ない…アレ?しかしこんな人どっかで見たコトある…?と思ったら、「ブルージャスミン」!!!

よくわかってなかったんけど、ウディ・アレンの方がテネシー・ウィリアムズを下敷きにしてたんだね。あっちはもっとコメディ要素が強かったしケイト・ブランシェットのエレガントさはハンパなかったけど!

本家本元のブランチは超絶ウザい!

この舞台、映像だとイマイチわかりにくいんけど、客席の真ん中に舞台があって観客は円形に取り囲んでて、舞台はゆるりゆるり常に回転してんだって。
iphone/image-20150823093315.png
そーゆー不安定感を煽る演出。

出てくる人全員機嫌悪いようなともかく全く楽しくない話。そして何の希望もないラスト!何コレ!コレが名作なの?て思ったんけど、コレ書かれたのが1947年!映画ではビビアン・リーが演じたとゆーね。その時代にここまで不穏な物語は珍しくアメリカの暗部をコレでもか!て書いてる時点で新しかったみたいなコト?
iphone/image-20150823093328.png
そしてブランチはやりがいのある役なのだろうね。もう完全に狂ってる!

私は妹のステラが可愛くてよかったな。
iphone/image-20150823093323.png
出て来る人の中ではまともだし、姉思いだし。

今の日本でも珍しくないような話だし、今見るとしんどい。

『スカイライト』は英国!て感じでシリアスな中にも可笑しみがあって、ずっしり重みもあって、哀しいけど堅実、最後はほのかな幸せを暗示する終わり方だったので見終わってスッキリした気持ちになれたけど、こっちは…空虚感。みんなが空っぽの感じ。しかもあのどうしよーもないラスト。何なのかなー。映画見てみないと。


しかし今まで読んでなかったんけど、テネシー・ウィリアムズには俄然興味湧いた!

欲望という名の電車 (新潮文庫)

欲望という名の電車 (新潮文庫)

  • 作者: テネシー ウィリアムズ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1988/03/30
  • メディア: 文庫



ガラスの動物園 (新潮文庫)

ガラスの動物園 (新潮文庫)

  • 作者: テネシー ウィリアムズ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1988/03
  • メディア: 文庫


読んでみよ。ピューリッツァー賞だものー。


2015-08-23 11:41  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

National Theatre Live2015 『スカイライト』 [matinee+soiree]

もうず~ッと楽しみにしてたのやっと観て来た~!

今年度トニー賞リバイバル作品賞授賞作品。
ブロードウェイでも連日満席てゆー舞台が、日本の映画館でたった3,000円で見れちゃうの。キャー。しかも日本語字幕付きで!サイコー!

見終わったら、スパゲティボロネーゼ食べたくなるコト間違いなし!

continue…ネタバレ注意!


2015-07-09 10:58  nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ハイバイ10周年記念全国ツアー『て』@三重県文化会館小ホール [matinee+soiree]

去年11月に『霊感少女ヒドミ』見た時は、次三重に来てくれるのは来年6月か〜…ずいぶん長いな…て思ってたのに、あっとゆーま!しかもちょうどうち臨時休診で2連休とゆーサイコーの日取りのため、なんと2回見に行っちゃいました。

ハイバイの名作『て』!
main-pict130318.jpg
なんでコレが岸田戯曲賞に選ばれなかったのか!? てゆわれてるほどの名作らしい!ともかく見なきゃ。

ネタバレ厳禁!


2013-06-10 01:21  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

成田屋さんの勧進帳 [matinee+soiree]

毎年1月2月は寒いから、いつもあんまり予定入れずに家に籠もってるコトが多いんけど、今年はなぜか毎週毎週予定があって、出かけてばっかり。アクティブな冬を過ごしてんよ。

とゆーのも、お芝居の予定。松竹座で猿之助襲名披露公演見たし、弟がチョイ役で出たのでカムヰヤッセンの「やわらかいヒビ」再演も見に行って、それから毎年恒例浅草新春歌舞伎千秋楽に行って来たのでしたー。

猿之助襲名が決まって、ちんが浅草卒業したので、もう今年は行かないかな~と思ってたのになぜか。だって、勧進帳が見たいから!海老蔵さんの弁慶は襲名んときにも見たコトあって、まぁ微妙だったけど、愛之助さんの富樫は初役なのでちょー楽しみにしてた!愛之助さんは、子役ん時から太刀持ちで出てて、ひとり勧進帳出来ちゃうくらいの腕前なので、つーいにッ!と思って。

が。
意外に迫力なかった…。
ebizo.jpg
うー…ん。ちっとも丁々発止とゆー具合ではなく、なんか距離感あり、そんなに問い詰められてるかんじもなく、弁慶が舞いながら、義経と四天王にサササはやく行って!てするトコロの振りもいまいちで分かりづらく、なんかなー、てダラダラ見てた。で、隣りでおかんがオペラグラスで見てて(らぶりんファン♡なため)、「海老っち、泣いてる?」とゆってて、私は汗だと思ってたんけど、やぱ涙だったのかー…。海老蔵さんて、目おっきいけど黒目が入ってないような、なんか力がないなーと思ったのも致し方なかった。

勧進帳の富樫とゆえば、十五世市村羽左衛門サイコー!と思ってて、DVDも持ってる。

歌舞伎名作撰 勧進帳 [DVD]

歌舞伎名作撰 勧進帳 [DVD]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD


この収録は、弁慶が七世幸四郎、義経が六代目菊五郎とゆー最強メンバー!! 仁左衛門さんは羽左衛門バージョンで演ってると思うので、愛之助さんもモチロンそゆかんじで演ると思ってたんけど、そこまでぢゃなくてちょっとガッカリ…。

それで私は、やっぱり弁慶は團十郎さんがいちばんいいなーと思いながら見てて、松緑襲名ん時に、團十郎、仁左衛門、菊五郎とゆー当代最強メンバーで見たの思い出してた。アレもっかい見たいなーて、でもまたいつかそのうち見れるだろと思ってた。だからもう、勘三郎さんが亡くなった時よりもずっとガッカリ。全然そんな素振りも見せないおおらかさとか強さはやっぱり弁慶にふさわしかったんだ!

成田屋さんとゆえば有名なのは、団菊左時代の九代目なんけど、そのお兄さんの八代目は絶世の美男とゆわれてたのに自殺した人で、それは戸板さんが

團十郎切腹事件―中村雅楽探偵全集〈1〉 (創元推理文庫)

團十郎切腹事件―中村雅楽探偵全集〈1〉 (創元推理文庫)

  • 作者: 戸板 康二
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2007/02/28
  • メディア: 文庫


に書いてんの。でー、海老様と呼ばれた十一代目はその八代目の再来と謳われた人!そしてさらに今の海老蔵さんはその十一代目にソックリとゆわれてんよね。しかしまぁ元々成田屋さんは容姿はいいけど、芸は…てゆー家系なのでアレなんけど、十一代目は40代を過ぎてから一層よくなったらしいので、海老蔵さんも歌舞伎役者としての実力とかなんとかそのへんはもっと芸を磨いて精進して欲しいものです。

十二代目團十郎さんの弁慶。富樫は海老蔵さん…

そんなにファンてワケではないけど、海老蔵さんには、がんばってもらいたい!

さて、浅草歌舞伎。今年は若手がいっぱい出てて、その中でも松也がちょーがんばってて、曽我五郎の迫力!世話物もいいし、四天王もよかった!松也だけブロマイド完売してたもんね。気迫の演技は実際伝わるもんなんだ。勧進帳はちょいガッカリしたけど、やぱ見に行った甲斐はありました!

歌舞伎て、面白いな。


2013-02-11 14:20  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ハイバイ『霊感少女ヒドミ』@三重県総合文化センター小ホール [matinee+soiree]

ハイバイが三重に再び!!! (前回は2年近く前!)
title.png
東京公演に先駆けて三重で!東京では売り切れたりすんのに、三重でなら当日券で!はースゴイ。しかしもう職場からは端と端なので、いっそいでMINIぶっ飛ばして行っても開演ギリギリでしたわ…。

ナント!恋愛モノ!前日の「わたしたちの宣戦布告」に続き、メロドラマは苦手なのにー…と思いながら最初見てたけど、ムーチョさんの映像駆使したゾンビ(てかエイリアン?)たち。何なんッ!? しかもすっごいセンチメンタルな、いつのまにかすっごいいいお話みたいになってくの、なんかもーうっわぁーッてなるね、相変わらず。あとからじわじわくる。多分東京で見たらもっとじわじわしただろな。

あーッもう一緒に見に行ってくれる友だちが欲しいわ!
そして見終わったあと、ごはん食べながら語り合いたいのに!

ま、今日も2公演あるんけど、無理して昨日仕事帰りに行ったのは、アフタートークがあるからなのでした。岩井さんカッコいいな〜岩井さんがしゃべってるトコを見るのが好きなの。

アフタートークでおっしゃってたミシェル・ゴンドリー監督のPVはコレかな。

キリンジとかはもう苦手だし、あーでもまさかそんなトコにつながってくのが最初の映像ではわかんなかったけど、アレ映像だけ見てもオモロいし、映像をあんなに活かした舞台ってオモロいなー。あーハイバイもっとしょっちゅう見たい。さやちゃん、今度はハイバイ見に行こうよ!

でも!来年6月も三重に来てくれるらしい!! 早速手帳に書きまーす。

■ハイバイのホームページ
http://hi-bye.net


2012-11-03 14:49  nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:演劇

大人計画 「ふくすけ」@大阪・シアターBRAVA! [matinee+soiree]

前回の「ウェルカム・ニッポン」からあッとゆーまに5ヶ月!月日の流れが恐ろしいです。しかも、今世紀最大の体調の悪さ。風邪ッぴき最高潮で、カラス天狗のよーなマスク着用(またの名をグンゼマスク…)でお出かけ。

3人分のチケットを私が持っているため、出かけないワケにはゆかず…特急列車で揺られる間は薬の副作用で意識不明の重体。ハッと気付いたら、難波に着いてた。そいでも、うめ阪行ってSallyScottで可愛いのイロイロ見せてもらってる時は、うきうき浮かれて、そのあとカレー屋さんに連れてってもらって、焼き野菜カレーとチャイでランチもおいしかった♡

が、おなかいっぱいんなって、劇場で座ったら、グターてなった。
かってにドラマシティだと思ってたら違う劇場で、JR乗って意外と歩いたので、もうグッタリ…。
fukusuke.jpg
再々演とゆー話だけど、私は初見。初演のふくすけは温水さんだったとゆーから、それはもう当たり役だったろうてゆー予想なんけど、今回は、N列でわりと遠かったから、奇形児とゆわれてもそんなに気持ち悪さが伝わって来なかったんよね。しかもサダヲさんだと動きがカッコよすぎるし、見た目もカワイすぎる!!

そして私は薬の副作用とかモロモロでうつろな目で、もうあの三姉妹のあたりとか関係性がイマイチよくわからないまま、江本さんカッコよかったけど。そいでも多部ちゃんのカワイさには完全ノックアウト!だったな。生まれ変わったらああなりたい。

しかし最後は予想どおりとゆーかなんかデジャブ?見たコトあるよーな気がして、20年前だからスゴイ!とかのレビューを見たけど、そうなのかな?なんかそこまで目新しい気持ちはしなかったし、今だとリアルすぎ…?あんまし笑えなかったし、「ウェルカム・ニッポン」の方が好きだった。…てゆか、体調万全で見たら違ったかもなッ!!! すっごいスタンディングオベーションだったもんね。楽日だったのもあるけど。今度は、ハッピーエンドのお芝居が見たい。

帰りは、パンケーキの専門店でデビルズを3枚も(!)食べて帰って来ました。あー、多部ちゃん可愛かった~[目][揺れるハート][ぴかぴか(新しい)]



2012-09-15 22:42  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

北京蝶々第18回公演『都道府県パズル』@王子小劇場 [matinee+soiree]

北京蝶々FINAL!とゆーか、少なくとも私が見るのはコレで最終かも知れない。
tfpuzzle_omote.jpg
最近は、外部から演出家さんに来てもらう試みで、前回の「オーシャンズ・カジノ」は北京っぽくない派手な演出だったから、今回はよくも悪くも、あー!北京っぽい!! てゆーお話でちょっと懐かしい気持ち。個人的には青森の人が好きだった。
pekin4.JPG
でー、まだ大阪公演とかもあるので、ネタバレ注意!

続きを読む


2012-09-04 11:00  nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

M&O Plays プロデュース「鎌塚氏、すくい上げる」@名鉄ホール [matinee+soiree]

さて、ボリショイサーカスのたのしい余韻もそこそこに、午後からは仕事ー!と思いきや、おかんの代わりにまさかの名古屋へおつかい…。だるくて眠いカラダを圧して、名張からのー名古屋…。最近は買い物とゆえば大阪ばっか行ってるから、名古屋全然わかんないし憂鬱…。

わざわざ行くのにおつかいだけで帰って来るてのもなー…て思ってたら!

ちょうど名鉄ホールでお芝居やってた!まだチケットある!見るーーー!!!
kama2f.jpg
「鎌塚氏、すくい上げる」。

コレ、再演だと勘違いしてたんけど、前回のは「鎌塚氏、放り投げる」だった。そんときは鈴鹿にも来てたので見に行きたかったんけど結局行けず…だって片桐!!
kamatsukashi.jpg

で、今回のは鎌塚氏シリーズの第2弾なのだった!
おつかいが意外にはやく済んだので、Afternoon Teaで早めに夕ごはん。パスタセットで優雅におひとりさまを満喫したあと名鉄ホールへ!いざゆかん。初めて行ったんけど古い劇場!ケッコウちっちゃいし。

そして上手寄りの4列目とゆー良席。
舞台は、豪華客船の中。もー船の上の話は無条件で大好き!なんでかわからんけど、ミステリーとかでも船上もの大好きなんよね。あの知らん人たちが密室で何日も過ごすかんじが好きなのかな。今回はちょーセレブ両家のお見合いセッティングだし。
kama2p1.jpg
満島ひかりってドラマでもちゃんと見たコトなかったんけど、あの突然歌い出すトコ最高潮だった!鎌塚氏がヘッドホンで聴いてたトコから曲名わかった私もどーなの?て思うけど懐かしすぎ!大体満島さんは生まれてもいないんぢゃ!? 拍手喝采だったね。
kama2p2.jpg
そして、バトラーとゆう職業もあこがれだし、鎌塚氏大好きんなったな。田中圭くんの自意識過剰お坊ちゃまっぷりもちょー笑えた!憎めないキャラ。しかも歌詞が当てはまりすぎ!!

最後はハッピーエンドだし、終始ニコニコしながら見てた。ちょーたのしいお話だったよ。広岡さんのハジケっぷりも相変わらず可笑しかったし、六角さんの多才ぶりも面白かった。んー、多分私は2作目の方が好きだろうな。メイド服着てみたくなった。

ボリショイ→鎌塚氏とゆーエンターテイメントな1日、めちゃ疲れたけど、夏バテ気味でダラダラした気分にガツンと一喝!たのしい気持ちでリフレッシュ出来たよ。娯楽って大事ね。あとひとりの時間も。


2012-09-01 06:37  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

前の10件 | - matinee+soiree ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]