So-net無料ブログ作成

アンダルシアに憧れて… [MU:SEUM]

今年の重大ニュースNO.1の出来事をまだ書いてなかった!コレを書かなきゃ年が越せないんだった。

今年の初めにおとんがiPhoneに乗り替えたんよね。でー全然使いこなせてなかったんけど、お父さんカーペットとかもらって浮かれてた。そして月日は流れ、4月のある日。あわよくば、GWかお盆休みに海外旅行を目論んでた私が「あ〜スペイン行ってみたいな〜!」と呟いた一言が発端!

「そゆえば、高校ん時担任の先生が突然、「画家になるためにスペインに行きます!」てゆって辞めてったコトがあって吃驚したな〜。」と父親がゆーので、え!それホントに画家になってたら検索引っかかるんぢゃないの?て冗談半分でググッてみたらッ!!! ホントに引っかかった!ホントに画家になってた!スペインに住んでた!スゴーイ!!!

てコトになって、そしたら先生、もう80才を超えていらっしゃるにもかかわらず、Twitterやってるし!呟いてるし!ちょっと!iPhone持ってんだから、Twitterで先生に呼びかけてよ!つって、アカウントを作ろうとするも作ったのにパスワード忘れてログイン出来なくなるコト数回…がんばれ、おとん。何度も挫折しかけて1ヶ月後、やっとメッセージを送るコトに成功!! そしたらすぐ返事来た!しかも40年以上会ってないのに、先生覚えて下さってた。スゴーーイ!

それから何度かDMでやりとりしてて、10月。ナントかめやま美術館で個展が開かれるコトに!画伯ご来日!とゆーワケで早速見に行ったよ。

着くなり入り口で、
sawaguchi.jpg
今にも飛び出してきそうなこのマヨルカ島の風景見てたら、もう自分がスペインにいる気分になった。水辺の音が聴こえた気がしたもんね。

sawaguchi05.jpg
この抽象画も好き。

sawaguchi06.jpg
キノコみたいな屋根の絵も青空と白い煙突が素敵すぎて自分で奮発して買っちゃおうかと思うくらい10分くらい眺めてた。

sawaguchi02.jpg

sawaguchi03.jpg

sawaguchi04.jpg

sawaguchi07.jpg
それで私も初めて先生にお会いして、色々お話を伺ったけど、もう絵も先生もひと目で大好きになったもんね。美術館行くの好きだけど、好きな絵の作家さんに会ってフツウにおしゃべり出来るコトなんてそうそうないぢゃない?はしゃぎまくり。小さいギャラリーに何時間もいても飽きなかったんよね。

そして、うちの両親も大層先生の絵が気に入って、3枚もお買い上げちゃった!…大丈夫か?しかも展覧会が終わった後日、先生自ら買った絵を届けに来て下さって、その日は仕事が忙しくてグッタリしてたのに、先生に再会して握手しただけで疲れが吹っ飛んでウキウキした気持ちになったんよね。きっとキリストてこうゆー人だったんだろうな、て思った。

こんな偶然が人生の中で起こるなんて、TwitterとかFacebookとかホントにスゴイ!
先生と一緒に肩組んで写してもらった写真は私にも宝物になったのでしたー。

後日。先生がスペインに帰国されてから、そゆえば昔、市庁舎に寄贈された絵が今も飾られてるっておっしゃってたな〜て思い出して見に行ったんよね。
sawaguchi08.jpg
ドーン!デッカイ!! エゴン・シーレのチェコの風景を思い出すスペインの家々。節電で、昼間なのに薄暗かったのが余計に絵を際立たせてさー、三重の田舎町にいるのを忘れるような気持ちになった。今度から、哀しいときはこの絵を見に来よう、と思ったものです。

そーんな出来事があって、私のスペイン熱はますます深まるばかり!先生に会いに行くとゆー名目で来年はぜひスペインに行きたいな。
quovadis.jpg
とゆーワケで、手帳はQuoVadisのスペイン語。伊東屋で買って、日本の祝日シールもGET!して、片方はほぼ日手帳の英語版に貼りました。来年の準備は万端です!今年はブログいっぱい更新したな〜。それではみなさん、よいお年を〜♪

■澤口友彌の世界::スペインの大地とその心を描く
http://www.sawaguchitomoya.net


2012-12-31 19:03  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ちなみにワタリウム美術館にも、 [MU:SEUM]

mina perhonen仕様のスケジュール帳があるっぽい。

hutte.gif
コレはわりと新しい柄で、ハンカチは買ったー。この柄のほぼ日あったらこっちにしたかも。

それと、
hutte02.gif
jellybeansの大きめ柄。

他にもあったけど、売り切れたっぽい。カワイイ手帳イイネ!ワクワクするもんね。

■ワタリウム美術館ミュージアムショップ …onSundays
http://www.watarium.co.jp/onsundays/html/


2012-11-13 09:46  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

市川猿之助×長塚誠志写真展『市川亀治郎“飛”』@Audi Forum Tokyo [MU:SEUM]

「亀治郎の会さよなら公演」初日観劇に先立って、早起きして原宿まで行って来たよー!
kame.jpg
アウディと歌舞伎?なぜ?と思うけど、写真家さんがもともと車の写真を主に撮ってる人なんだって!亀治郎の会は今年で10回目!猿之助襲名に伴って、10回目の今年で終了。てゆう記念すべき年。第1回目からのパネル写真の展示なのだった!

私は品川で山手線に乗り換えて渋谷で降りて、副都心線で明治神宮前まで行きました。山手線は、2号車あたりに乗るとハチ公前の改札に近い。で、改札の外に出て東京メトロの階段をひたすら、どんだけ地下なの!? てくらい降りたトコが副都心線。で、明治神宮前に着いたら、7番出口から出て右手を振りかえると横断歩道を渡った左手に「audi」のマークが見えるよー。

フツウの展示場なので入りずらい!外のエレベーターから2階へ!
で!アウディなのに外車のディーラーなのに階段に定式幕!! なんか不思議な気分。

でもさ、なんかこの澤瀉屋さんの疾走感みたいなの、写真と、展示されてるアウディの対比がわからんでもないな、と思った。国立劇場の開場までケッコウ時間があったから、お客は私1人で展示もそんなに多くなかったけど1時間くらい見ちゃった。第1回のときは京都造形大の授業で見たんよねー懐かしいし感慨深い。

で、その1回目の千秋楽に舞台側から客席に向けて撮った記念撮影のパネルのデッカイのが貼ってあって、「ん?コレ私写ってんぢゃない!?」と思って、ちょー目こらして見たら写ってた!おぉーッ!この頃はまだ猿翁さんも元気で見に来てたんよねー。玉手御前よかったなーまた見たい。

パネル写真は、写真撮影OK!みたいで私のあとから来た人はデジカメで写真撮ってたけど、私はこの目のフィルムに焼きました。↓ホームページで映像見れるしね。で、いそいそと半蔵門へ向かったのでした。

■Audi Forum Tokyo presents 市川猿之助×長塚誠志写真展『市川亀治郎“飛”』
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/aft/event/2012/kamejiro.html


2012-08-18 18:44  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

CHANEL 「THE LITTLE BLACK JACKET」写真展@南青山 [MU:SEUM]

ヴァネッサ・パラディ初来日!とかTwitterとかでちょー話題だったCHANELのオートクチュールコレクション。カール・ラガーフェルドも来てたのニュースで見たけど。

それで秋に出版予定のラガーフェルドが撮影した写真集の展覧会があって、来場者にはポスターがもらえるって情報もTwitterで流れてきて。ほぇ~ッ!! 都会はいいな~!て思ってたんよね。けど、昨日東京行く用事があったから、そゆえばあの写真展はいつまでだったかな…て調べたら!まだやってる!! しかも最終日!!! てコトで眠い目こすって開場時間に間に合うように出かけたよ。

11じ前に着いちゃって、まだ早いかな~て思ってたけど、ぢゃ~ん!!
shot_1334456586343.jpg
全然!もうすでに人いっぱい入ってた!

すっごい!

セレブの写真がいっぱい。オノヨーコさんが踊り狂ってる映像あり、ジェーン・バーキンはやっぱりバーキンを持ち歩いてるのかー。なぜかコスプレしてるセレブもあり。着てる服は同じブラックジャケットなのに、着る人によって全然違う!白と黒の世界。

こんな素敵な写真展が無料だなんて!さすがCHANEL様。で、ポスターは最終日だからさすがにもうもらえないかな~て思ってたら!3種類あるんけど、最終日だから逆に1人1枚とゆわず3種類とももらってっていーよ!て。すげーーー!!!
vanessaparadis02.jpg
でもやはりヴァネッサのポスターがいちばん減ってました。私は、水原希子の和テイストなのももらったよ。大満足。すごくしっかりした上質な紙にキレイに印刷してあって飾るのもったいない。穴開けずに、フレームに入れよう。大判の額買わなきゃ。

↓オンラインでも見れるよー。はー。ファニング姉妹とかちょー可愛かった!優雅でいいなー。

■ONLINE EXHIBITION
http://thelittleblackjacket.chanel.com/


2012-04-16 15:00  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

マイケル・ケンナ写真展@札幌宮の森美術館 [MU:SEUM]

全然知らなかった人なんけど、しかもわかりにくい場所にあってすっごい迷い迷い歩いたんけどねー見に行ってよかったー!すっごいよかったよ、札幌に住んでる人は見に行って!

イギリスと北海道は似てるとゆってたけど、私もそう思う!北海道初めて行ったときイギリスっぽい!とおもったもん。いっつも曇ってるしねー。曇ってるてゆか、空の色が薄いんよね。三重の空は青いなー!て思う。緑とかも色が濃いし。でも薄色のよさもあるだろしね。それでやっぱり白黒写真なんよねー。

展示は、地名しか日本語で書いてなかったけど、よく見たら英語では他にちゃんとタイトルがついてて、何ぢゃこりゃ?マッチ棒?雪ん中になんか折れた枝?みたいのがいっぱい刺さってんの?みたいな写真、よく見たら「Sun Flowers」て書いてて、へー!向日葵が雪に埋もれてんのなんか見たコトないよ!!! てすんごい感動して、何回も戻ってその写真ばっか見ちゃった。だって、あんな枯れた向日葵カラーで見たら汚いだろなーとおもって、やぱ白黒ぢゃないと!でも、こんなデジタルな時代にフィルムで白黒で見せるとゆうのもその人の演出力だしね。はーいいな~て感心した。

北海道の難しい地名は私にはどこだかわからんので、それ自体はあんまり感動がないんけど、北海道の友だちは実際写真に写ってる場所に行って、その景色を同じ角度で眺めてみたとかもゆってたし、北海道にお住まいの人はもっと感動すんだろね。いいな~。

で、最近そんな美術館とかめっきり行かなくて、写真集も3500円くらいすんの、高いなーッ!とおもってそんときは買わなかったんけど、あとで友だちにゆったら、「写真集だったらそれくらいするんぢゃない?」てゆわれて、あとあの向日葵がもっかい見たくて、結局帰って来てから取り寄せちゃった。

inhokkaido.jpg
ホントによかったので、行ける人は行って!結婚式場の隣りです。

■札幌宮の森美術館
http://www.miyanomori-art.jp/


2010-05-20 08:34  nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

LOVE ME DO*** [MU:SEUM]

41CRxU99vyL__SS400_.jpg
ちょー地元ネタで恐縮なんけど、地元唯一の百貨店で今なぜかアストリッド・キルヒャーの写真展示販売会をやってんの[目][exclamation]そいで調べたら、もう15年くらい前なんかな、「バックビート」てゆうスチュアート・サトクリフが主人公の映画があってそんときにはぢめてアストリッド・キルヒャーのコトを知って、写真展見に行ったんよねー。なつかしー。今、「バックビート」てDVDも出てないんね…もっかい見たいなー。

モチロン、ビートルズのメンバーとかスチュアートの写真がほとんどなんけど、この自分撮りの写真すごい好きなんよね。5万くらいだったら買ってもいーかなーておもってたんけど、あっさり9万超えしてた…[がく~(落胆した顔)][失恋]さすがに無理…。ん~…でも調べたら写真集とかもないんよね。ポストカードとかもあればいーのになー。ポン[どんっ(衝撃)]と買えるようなセレブになりたいもんだなー。はー。

それで最近はもうホントに白黒写真に目がないようなかんじ。写真すごい撮りたくなってんの。

マリオ・ジャコメッリ(完全日本語版)

マリオ・ジャコメッリ(完全日本語版)

  • 作者: マリオ・ジャコメッリ
  • 出版社/メーカー: 青幻舎
  • 発売日: 2009/11/20
  • メディア: 単行本


マリオ・ジャコメッリの写真集も思い切って買っちゃったくらいにして、知ってる人をいっぱい撮りたい気持ちなんけど、それにしても私の興味をそそるコトってどーしてこうお金がかかるコトばっかりなんだろ…やんなっちゃうな~…[もうやだ~(悲しい顔)][バッド(下向き矢印)]

だれかスポンサーになってくれなきゃやってらんないよ[ちっ(怒った顔)][むかっ(怒り)](逆ギレ…?)


2010-02-11 22:44  nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

モディリアーニ展@国立国際美術館 [MU:SEUM]

ame02.jpg
今日は文化度高めの1日!まずは、なんだあれ!? て形の美術館へモディリアーニを見に行って来たよ。中之島の美術館。まえにもショウコちゃんと行ったことあるんけど、何見たんかまったく思い出せない!! でもともかく建物自体すっげー☆!て思った記憶。科学館の横です。

モディリアーニはもともと好きな画家だけど、じっさいはそんなによく知らない程度。で、東京でやってたの見たかったけど、六本木まで行くの無理…ておもってたから、もー今日行くっきゃないでしょ、とゆうワケ。灰色の目の絵しか見たコトないから、初期のとかすごい新鮮。それで、原始美術とかゆうんけど、アジア芸術=原始てのは西洋人の主観ぢゃねいの?て気持ちはあるかも…。なんかすっごくいい人っぽい!それが絵に滲み出ちゃってるとゆうか。すっごく貧乏だったみたいなんけど、まわりの人がほっとけないかんじなのかな。田舎出のイケメン!最初に同棲してたジャーナリストの女の人の絵が興味深すぎた…夫婦の絵。男の人が一歩後ろなのな。そいで顔もほとんど消えちゃってるとゆう…かかぁ天下!それに引き換えジャンヌを描いた絵はすっごくやさしいかんじ。スケッチも丁寧し。わかりやすすぎ!
お正月に財布盗まれたり、どんだけ不運なの?てかんじだけど、女の人は安らぎを与えないとダメなんね…て身につまされる思い。イガイト同時代の有名画家とは交流してないのかな。シーレにそっくりっぽい絵もあったりしたけど、会ってはいないみたいし。詩人とかが多いのかなー。それで結婚してなかったし、ジャンヌは妊娠中に投身自殺しちゃったけど、1人娘はいたんだよね。どうなったんだろ。絵を買ってくれた人の肖像画がよかったなー感謝の気持ちがすごく顕れてた!

平日なのにわりと混んでて、年配層と外国人が多かった!いい展覧会だったーてゆうみんなの気持ちがミュージアムショップにあふれてたね!とらやのあんペーストとかカンケーないのにさ!ポストカードとかいっぱい買っちゃったし、図録もすっごい充実してんの。年表とかもちょー詳しいし。ゆっくりよみます。あ"ー自分がセレブだったら、額入りのリトグラフ欲しかったなー。私も若手芸術家のパトロンになれるくらいの経済力が欲しい!

shoes.jpg
塩田千春展の靴のもすっごかったよー!!!

■モディリアーニ展2008
http://modi2008.jp/


2008-08-21 23:58  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「シュウ ウエムラ展」~25年目の開放~ [MU:SEUM]

今日は初六本木ヒルズ!! して来たよ~。超早起きして、そして52Fて?! 高層ビルすぎ、そんな地に足つかない高さなんて人生初かも知れん。さいしょ間違えてオフィスビルの方に行っちゃって、ひゃーこんなトコで毎日働いてる人たちって!? とあこがれのまなざしでぐるぐるしたり。
shuuemura.jpg
みなさんご存知25周年記念なんけど、それよりも植村会長の歴史、てかんじだったかなー。シュウ製品の歴史とかより植村家の庭園とかのが興味津々だった!すっごいの本物のセレブ☆!歴史がありすぎて…澁澤龍彦もすごかったけどもしかしてそれ以上かも。そいで愛用のメイクボックスとかすごいカッコよかった!木製の引出付いてるやつ。ブラシの本数とかもはんぱないの!! はー。道具をすっごい大事にキレイに使ってたんだって!あー私ダメだな…いつももう無理!てくらい汚れるまで洗ってないし…↓↓↓

あとはずっとメイクショーの映像ばっか見てた。意外にもブラシはあんまり使わないんよね。アイシャドウとかもスポンジで付けてた。でもすっごい可愛いんよ!オレンジと黄緑とピンクとかね、その組み合わせ!あとつけまつげ!! 会場でVIKTOR&ROLFの限定アイラッシュ売ってたんけどさすがに買う勇気なかったな…いつ付けんの…
eyelash_img_01.jpg
しかしいずれ使いこなしてみたい。だんだんにメイキャップされてくの見んのちょーワクワクすんね。化粧品売り場で自分がしてもらうときは目閉じたりでどやってんのか見れなかったりだし、プロのメイクショーって見たことないからなぁ…しかもあーんなおじいちゃんがあんな可愛いお化粧しちゃうなんて!! 偉大すぎ。ああゆうメイクショーの映像のDVDあったら絶対買うのにーでもあゆのは企業秘密なんかな。わからんけど。

おみやげに昔のメイクセット(売れ残り?)買いました。あと横浜のローズガーデン行ってからバラの香りにうっとりしちゃってトワレも買っちった。六本木は外国人が多い!

森美術館グッズも色々あってマグカップ可愛かったんけど荷物重くなるから断念。ちらっとターナー賞の歩み展も見よか迷ったけど、興奮薄めたくなくて今日はほかに寄り道もせずトンボ帰り。そんで名古屋に着くやソッコウ本山に向かってSally Scott行ったー!昨日からプレセールで!! 欲しかったけど高くて諦めてたのがケッコウあったよ。サイズがなかったのは取り寄せてもらえることになって、ニコニコでした。支払いは給料日後なのもうれしい。

新幹線の中ではずっと乗馬の本よんでた。自然な動きをするためには体力筋力と柔軟性が必須だって!体力作りしよかなーダイエットのためと思うとまったくやる気が出ないんけど、乗馬の体力作りとゆうと俄然やる気が漲るね!!体硬いしなーそのくせ最近歩ってるとホントに自分の肉を感じんの。なんかぶよぶよしてんよね。

私の頭ん中今、乗馬と化粧品のことでいっぱいんなってる。あーでも今日は夏の着物の人何人か見て、よーし!今年は着るゾーておもった。浴衣も買ったしね。あ!でもまだ下駄がないッ!!

■「シュウ ウエムラ展」~25年目の開放~
http://www.roppongihills.com/jp/events/macg_shuuemura.html


2008-06-26 22:23  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

澁澤龍彦生誕80年回顧展 ~ここちよいサロン~@神奈川近代文学館 [MU:SEUM]

どしゃぶりの木よう日。傘さして横浜まで行って来たよ!じゃじゃーん、澁澤龍彦展。
shibusawa.jpg
文学館行くのは2回めです。3年ぶりくらい。このまえは島田雅彦の講演会んとき。多分三島由紀夫展かなんか。でーここの文学館はローズガーデンの中にあって、すっごい種類のバラに囲まれてんの。まえんときもたしか5月くらいでバラ満開で!! うっわあーッて感激して、もっかい行きたい!ておもってたのやっと、なんよね。雨だしバラもおわりかけてたけど、いい匂いだったー。桜木町の駅からバスで坂道のぼって、港の見える丘公園(て長い名前…)で降ります。澁澤龍彦は一時期すっごい凝っていっぱいよんだから、回顧展とかゆっても大体ご存知だしなーておもってたんけど、そんなどこぢゃなかった!ケッコウ膨大な資料だったよ。ご先祖まで遡っちゃって!! すっごいおぼっちゃんなんよね。没落貴族みたいな。うーん…。そいでイメエヂ的にはきわものっぽい本ばっか書いてんのに、実際はすっごくかろやか。面倒見もよく、話しやすそう。だからサロンになっちゃうの。手紙もいっぱい書いてんよね。こゆ展示で手紙とかあると、大体が「お中元ありがとう。」とか「お金を送ってください。」とかが多くない?(太宰治と寺山修司はそゆ内容の手紙が多かった!)澁澤さんのはもっと内容詰まった手紙のやりとりが多い。なんか育ちのよさが滲み出ちゃってるかんじだったな。三島由紀夫の字すっごいキレイだったなーなんて完璧な人なんだ…私は澁澤さんの字の方が好きだけど。あと土方巽のお通夜の映像が流れてて、しゃべってる澁澤さんはぢめて見たんけど、ふだんからあんな声嗄れてたのかな。亡くなる1年まえだから、もう病気だったんか…死に方までカッコよすぎ!て昔からおもってた。頚動脈瘤破裂てきっといっしゅんなんぢゃないのかなー。読書中だからカッコいんだけどね。ケッコウじっくりよみながら見たから、2じかん以上かかっちゃってだいぶ疲れた…。いちばんさいしょに金子國義の絵がドーン!と掛けてあるんけど、1966~2008年て…しかも未完て。100号もある絵なのにいつ描き終わるんだろ…。すっごいおだやかでカッコよかった。貧乏でも勉強は出来るけどね、教養を身につけるのにはお金が必要とおもうんよ。子供んときに裕福に過ごしてると大人んなってから没落してもおだやかにいれる気がすんの。大人んなってからお金持ちにになった人よりもずっとね。

さて、帰り道はまたローズガーデンをよこぎって、えのき亭でおやつ。またバラのシフォンケーキ食べちゃった。
hinokitei.jpg
まえんときも食べて、あまりのおいしさに感動してたら、テラスでセレブなご婦人に連れられたお犬様が私の食べてんのとおんなじケーキをぺろりと食べてて、ビックリした…!横浜のわんこともなるとアフタヌーンティーとかもしちゃうわけか…。はー。あとさ、横浜のバスは信号待ちで自動エンジン停止システム!エコエコ。新横浜の駅に高島屋入ってたし、便利んなったなー。昔は、シューマイ弁当しか売ってなかったのに!! 東京にくらべると人も少ないし、横浜大好きんなったよ。またなんか面白い展覧会やんないかな。

■澁澤龍彦生誕80年回顧展 ここちよいサロン
http://www.kanabun.or.jp/te0159.html


2008-05-30 22:42  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

知られざる鬼才「マリオ・ジャコメッリ展」@東京都写真美術館 [MU:SEUM]

mario.jpg
そしてトーキョー2日め!は昨日がウソのように晴れ渡る青空!銀ブラしたあと、前評判抜群!のマリオ・ジャコメッリ展に行って来たよ!

しかしね、悩める年頃ゆえ考えごとしながら歩ってたので、恵比寿に行きたいのに銀座線に乗って!そしたら終点の渋谷まで行っちゃったから、「ありゃ?乗り過ごした?」(まだ気付いてない。)とおもって車掌さんにゆって反対側のホーム行って折り返したトコで、あれ!? 恵比寿止まらんぢゃん!て…。もう何も考えられず結局また銀座まで戻って日比谷線に乗り換えたとゆう…。こんなコトなら渋谷からJR乗った方が速かったのに!なぜか1時間近く地下鉄で移動してた…天気がよくてもまったくカンケーなし。

でー写真美術館着いたら、ちょうど3Fのシュールリアリズム展の解説がはぢまるよ!てゆう放送が入ってたので、おぉーぢゃ両方見るかー割引んなるし、とおもって3F行ったんけどね。マン・レイとかダリとかあとコラージュとか。予想どおり!とゆーか見たコトあるのばっかで!授業でちょっと勉強したコトもあったのでなんか目新しさもまったくなく、いや、マン・レイもダリも好きだけどね!なんとなくそうゆう気分でもなかったのでさらーっと見て終わりました。うーん…。そしてメインの2Fへ。で、中入ったとたん、おぉッ!! と瞬間的に、来てよかった!とおもったねー。白い会場に、パキッとした白と黒のコントラスト。白黒ハッキリ付けようぢゃないのーとゆうかんじ。モノクロフィルムでも普通は灰色っぽく写るもんだけど、コレは白と黒しかない。あと展示の仕方が面白くて、遺作からはぢまるんね。図録は、表も裏も両方表紙になっててどっちからでもはぢめられるとゆう。ほとんど1つの街の中でしか撮ってないフツウの風景てのもすごい。↑の写真も、スタジオとかセット組んで意識的に撮ったんぢゃなく、雪の中の神学校の校庭なんだって。自然に白と黒なんね。白と黒が向こうからやって来ちゃうみたいな。そうゆう閉鎖的な空間を撮ってるのに、なんか楽しげ、てのがすごい。そして、昨日の「どん底」ともリンクしてるんけど、農家とか老人とか「ホスピス」のシリーズなんてまさに終末的な題材なのに、なんかすっごい力強い!! 生命力とゆうかまだまだ未来があるような気がすんの…いいなー!もう大好きになってしまった!ロシアとイタリアは似てる気してんよね。逆だけど。ロシアは暗そうでしかし可笑味があるんけど、イタリア人て常に歌ってるカンタービレ!なイメエヂけどセンチメンタルなもの哀しさもあるような。相反するかんじがね。まーかってなイメエヂだけどさ。

外国人が多かったのが印象的。しかしコレは評判になるのも無理ない。しかもアマチュア写真家て。でも残念なのは、日本で写真集が出てないのと図録がいまいちだったな。好きな写真がほとんど載ってなかった。ポストカードも4種類くらいしか売ってなかったし…。すごい手元に置いときたかったんけど、欲しいのがなかったわー。洋書で探すかー。今はチラシを部屋に貼ってます。すっばらしかった!! まだやってんので行ける人はぜひね。あ、でも図録の寄稿文とかはよかったよ。↓のHPにも載ってるけど、辺見庸さんのあいからずむづかしい漢字ばっかの文章カッコよかった!

また写真撮りたいなー。カメラ買うトコからはぢめないとだけど。しかしまえみたくHIROMIX好きだけど、そゆスナップ的な可愛い写真ぢゃなくもちょっと意識したのが撮りたいかもね。やーもう日常でね!老人とばっかり接してるからやぱそゆ人たちの力強さとか、生き字引みたいな深い知識とか歴史を毎日ひしひしと感じちゃうワケよ!そーゆうのをこの仕事辞めても、忘れたくないとゆーか忘れちゃダメだろなーとおもってんの。回りにそうゆう歴史を背負ってる人がいれば、子供なんてほっといてもちゃんと育つような気もするんけどね。どーなんだろ。育ててないからわからんけど。でー美術館出たトコの丸い花壇にみんな座ってたから、私も座って太陽浴びたら、ふにゃーとなった。春ですねーッ!! 昼間外に出らんないって、こんな日光浴出来ないってすっげーもったいない。道迷って疲れたけど、エネルギー補給した2日間でした。それにしてもこのMU:SEUMカテゴリの記事少ないなー。もっとアートに触れないかんね。

■知られざる鬼才、マリオ・ジャコメッリ 1925~2000
http://www.conversation.co.jp/schedule/mario_giacomelli/


2008-04-13 11:13  nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]